About

ご挨拶

工場写真

株式会社FEEDは、自動車・オートバイ部品などの試作・開発・製造、および2・3次元CAD/CAMによるモデリング・図面作成、金型設計、そしてマシニング加工まで行っています。特に、複雑な形状の部品を得意としています。

FEEDには「満足させる」「楽しませる」という意味があり、私たちがお客様の欲しい形状、目的を実現させ、さらに高精度・短納期のご要望にお応えし、ご満足の行く製品を作ります。さらに、私たちは日々高まる要求に最大限お応えしていくため、設備の充実と設計力、加工技術を磨き続けています。現状にとどまることなくさまざまな分野を視野に入れ、お客様の「かゆいところに手が届くものづくり」を目指します。

代表取締役 門田 祐二

概要

会社名 株式会社FEED(フィード)
代表者 代表取締役 門田 祐二
所在地 〒510-0253 三重県鈴鹿市寺家町985-1
電話番号 (059)367-7061
FAX番号 (059)367-7062
会社設立 平成19年5月
資本金 1000万円
従業員数 正社員14名
事業種類 自動車部品の試作・開発・製造 金属、その他の切削部品
取引銀行 第三銀行/平田駅前支店
百五銀行/平田町駅前支店
三重銀行/平田町駅前支店

沿革

2007年5月 自動車部品の試作・開発・製造 独立起業
2007年8月 マシニングセンタ導入によりレース車両の部品受注
2008年2月 工期短縮及び効率化に伴い5軸縦形マシニングセンタ導入 CAMの開発補助を開始
2009年4月 精度保障の為3次元測定器導入
2011年10月 森精機 「切削加工ドリームコンテスト」 銅賞
2011年10月 アルミダイキャスト部品受注に伴い5軸縦形マシニングセンタ追加導入
2012年7月 プレス金型製作拡張の為、大阪機工製大型マシニングセンタ導入
2013年2月 縦形マシニングセンタ追加導入
2013年11月 深穴加工受注に伴い縦形マシニングセンタ追加導入(スピンドスルー機)
2014年3月 金型事業増強に伴い縦形マシニングセンタ追加導入(門形タイプ)
2014年10月 データ管理に伴いCATIA V5導入
2014年11月 新社屋工場建築開始
2015年2月 新社屋工場完成に伴い現在地に移転
2015年2月 高精度部品研究に伴いDMG MORI DMU 85monoBLOCK導入
2016年3月 高精度部品製作に伴い放電ワイヤー加工機導入
2016年6月 5軸加工受注増加に伴いYASDA H30i導入
2016年6月 効率化のためM/C入替え KITAMURA1XiF
2017年12月 品質管理強化に伴いCNC(接触 非接触 ナライ測定)測定機導入
2017年12月 アジアNO.1航空宇宙産業クラスター形成特区指定
 

すぐに形にしたいお客様に 一日でも早く製品をお届けします。

「他社で断られた」「もっと効率よくつくりたい」などさまざまなご相談や、急なアクシデントに備えることができるようFEEDでは、いつでも特急でのご依頼をたまわっております。 材質、形状、数量にもよりますが、最短翌日での試作品製作も可能です。できる限りお客様のご要望にお応えできるよう心がけておりますので、ご依頼・ご相談・ご質問、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

contact

メールでお問い合わせ

見積もりフォーム

059-367-7061

(月〜土 8:00〜17:00)